モットン マットレスは、体にかかる負担を軽減できるように作られています。

実際に、日本国内で販売されている寝具の中には、体にかかる負担を軽減できる寝具は多くありますが、利用していくうちに寝心地が悪くなっていきます。

しかし、モットン マットレスは長く利用していても、睡眠の質をキープしやすくなっているので、多くのメリットを得る事ができるのです。

そこで、どのようなメリットがあるのか紹介するので、みていきましょう。

モットン マットレスの特徴

モットン マットレスを利用したら多くのメリットを得る事ができるのは、様々な特徴が関係しているからです。

そこで、どのような特徴があるのか解説するので、確認してみて下さい。

3種類のサイズ

寝心地の良いマットレスであったとしても、自分の体に合うサイズを選ばなければ、睡眠の質をキープする事は難しいです。

そこで、モットン マットレスは、多くのサイズを用意していて、シングルサイズ(幅97cm)・セミダブルサイズ(幅120cm)・ダブルサイズ(幅140cm)などがあります。

シングルサイズは、体格の小さな方であれば適度なサイズですが、体格の大きな方の場合には少し窮屈(きゅうくつ)に感じてしまうので注意しなければいけません。

セミダブルサイズであれば、体格の大きな方や、寝相の悪い方でも利用しやすい幅広サイズです。

ダブルサイズであれば、夫婦または恋人同士で併用する事もできます。

このように、多くの方たちに合うサイズが販売されているので、購入する場合には、自分の体または利用する人数に合うサイズを選ぶようにしましょう。

極厚タイプ

マットレスを選ぶ際には、いくつか注目しなければいけないポイントがあって、そのうちの一つが『ボリューム』です。

ボリュームが足りなければ、体が痛く感じる事があるので、可能であればボリュームのあるマットレスを選んだほうが良いのです。

モットン マットレスのボリュームは『10cm』もあるので、体重が重くなっている方でも、睡眠の質をキープしやすくなっています。

8万回のテスト

購入したばかりの頃は寝心地が良いマットレスであっても、利用していくうちに寝心地が悪くなっていくのは、重くなっている腰を支えていく事によって、寝具がへたってしまうからです。

しかし、モットン マットレスは『8万回の圧縮』を行なっても、へたる確率が低いという試験結果が出ました。

これほど多くの圧縮を行っても、へたる確率が低いマットレスなので、長く利用していても、寝心地が悪くなる可能性は低くなっています。

そのため、長く愛用できるマットレスを探している方には、おすすめの商品です。

特殊なウレタンフォーム

モットン マットレスは『ウレタンフォーム』を利用していますが、ウレタンは蒸れやすいというデメリットがありました。

ところが、モットン マットレスは、宇宙飛行士も使っている特殊素材になっていて、優れた『通気性』を実現しているのです。

実際に、通気性が優れていなかったら、梅雨の時期や夏場の季節には、寝心地が悪くなってしまうので、そのような事を考えたら通気性が優れているのは魅力的なポイントと言えるでしょう。

ボリュームがあるメリット

モットン マットレスは、10cmものボリュームがある事により、多くのメリットを得る事ができます。

このメリットは、体に疲労をためたくない方には魅力的なポイントなので、詳しく解説します。

体にかかる負担を軽減

ボリュームのないマットレスを利用したら、体が痛く感じてしまうと説明しましたが、それは『底つき感』が関係しています。

実際に、マットレスのボリュームが足りなかったら、体とベッドの距離が短いので、少しでも体が寝具に沈み込んでしまったら、底つき感が出て痛く感じてしまうのです。

仰向けになっている時は、重くなっている腰や背中が沈みやすくなってしまうので、これらの部分が痛く感じてしまえば、睡眠の質が低下してしまいます。

しかし、モットン マットレスのように、ボリュームがあれば、腰や背中があまり痛く感じない状態で眠る事が可能です(個人差があるので注意)。

良質な睡眠

底つき感があまり出ない状態で眠る事ができれば、睡眠の質をキープできるので『良質な睡眠』を確保する事ができます。

実は、私たち人間は眠る事により、脳や体の疲れを取っているので、睡眠の質が低下していたら脳や体に疲労がたまってしまいます。

そのような事になれば、集中力は下がってしまいますし、肩こり・首こり・腰痛・こむら返りなどに悩まされてしまうので、底つき感があまり出ないのは大きなメリットです。

耐久性が優れているメリット

モットン マットレスは、耐久性がよくなっているので、長く愛用できる上に、健康面で大きなメリットがあります。

健康に気を付けている方にとっては、興味深い所だと思うので、どのような影響があるのか説明します。

体圧の集中を抑制

耐久性が優れていれば、重くなっている腰や背中が寝具に沈み込みづらくなるので、体圧が腰や背中に集中しづらくなります。

少し分かりづらい所ですが、一箇所が沈み込んでいけば、周りにも悪い影響を与えて、全体的に沈み込んでいくのです。

全体的に沈み込んでいけば、重くなっている部分は、特に体圧が集中してしまうので、腰や背中は特に痛く感じてしまうのです。

しかし、耐久性が優れているモットン マットレスであれば、体圧が腰や背中に集中しづらくなるので、健康面にあまり悪い影響を与えないで済みます。

腰痛になる可能性が低い

腰や背中が沈み込んでしまうマットレスを利用していたら、隣のほうへ寝返りを打つ事が難しくなってしまいます。

多くの方たちは、無意識のうちに寝返りを打っているので、その重要性に気づいていないでしょう。

実は、寝返りを打つ回数が少なければ、同じ姿勢で眠っている時間が長くなってしまって、下のほうになっている体の部分が圧迫されている時間まで長引いてしまうのです。

仰向けになっている時間が長引いてしまえば、腰に大きな負担をかけてしまって、腰痛になる可能性が高くなってしまいます。

ところが、寝返りを打ちやすいモットン マットレスであれば、腰痛になる可能性が低くなっているのです。

通気性が優れているメリット

モットン マットレスは、通気性まで優れているので『湿気対策』や『ダニ対策』を講じられるので、メリットの多い商品です。

それでは、この2つの対策を講じたら、なぜメリットがあるのか紹介するので参考にしてみて下さい。

湿気対策の回数

私たち人間が眠ろうとしたら、一晩の間にコップ一杯分もの寝汗をかいてしまいます。

それほど多くの寝汗をかいてしまう上に、体温によって、マットレスには多くの湿気がたまってしまうのです。

湿気がたまっている状態を放置していたら、湿っぽくなってしまうので、寝心地が悪くなってしまいます。

しかし、通気性が優れていれば、マットレスをあまり立てかけなくても湿っぽくなりません。

ダニ対策を講じる事が可能

マットレスに湿気がたまるようになったら、そのうちダニが繁殖していきます。

ダニが繁殖していけば『ダニアレルギー』を発症する事もあれば、ダニに肌を刺されて『炎症』する事もあるのです。

そのような事になれば、睡眠の質が下がるだけではなく、健康面でも大きなデメリットです。

しかし、通気性が優れていれば、ダニが繁殖しづらくなるので、健康面に気を付けている方にとってメリットの多いマットレスになっています。

まとめ

モットン マットレスは、特殊なウレタンフォームを使用しているので、耐久性と通気性の両立を実現しました。

実際に、長く利用できるマットレスでも通気性が優れていなければ、湿気がたまってしまいますしダニが繁殖してしまいます。

通気性が優れていても、耐久性が優れていなければ、短期間のうちに寝心地が悪くなってしまうのです。

そのような事を考えたら、耐久性と通気性の両立を実現しているモットン マットレスは、多くのメリットがある商品という事が分かるでしょう。

参考URL・参考文献・根拠など

モットンのメリットとデメリットまとめ

モットンマットレスとはどんなマットレスなの?整体師がガチ解説


https://min-katsu.com/mattress/matt…