モットン マットレスは、公式サイトでは、寝心地が良い事をPRしていますが「本当に、そこまで寝心地が良いのだろうか」と疑ってしまう方もいるでしょう。

数多くあるメーカーの中には、自社の商品を購入してもらうために、実際よりも高品質になっている事をアピールしている場合もあります。

そこで、モットン マットレスを利用している方たちの口コミを紹介するので、本当に高品質な商品なのか解説しましょう。

モットン マットレスの通気性

モットン マットレスを利用している方たちの間では『通気性』が優れているという口コミもあれば、あまり優れていないという口コミもあります。

通気性はマットレスの品質に大きく関係しているので、実際に優れているのか詳しく解説します。

優れた通気性

モットン マットレスの通気性が優れているという口コミがありますが、それは、本製品が採用している『ウレタンフォーム』が大きく関係しています。

本来であれば、ウレタンフォームは通気性が悪いので、網目状になっている中材のほうが、通気性は優れています。

私たち人間が眠ろうとしたら、一晩の間にコップ一杯分もの寝汗をかいてしまうので、通気性が優れていなければ、寝汗がたまってしまう事から湿気がたまってしまうのです。

ところが、モットン マットレスのウレタンフォームは、発泡する泡の大きさを調整したので、湿気がたまりづらくなっています。

そのため、利用者たちの間で、通気性が優れていて満足している方がいるのです。

ウレタンの限界

ウレタンフォームの発砲する泡を調整しているとは言え、それでもウレタンである事に変わりはないので、利用者たちの中には「ウレタンには限界がある」と思っている方がいました。

実際に、網目状であれば寝汗や熱などは空洞を通り抜けてくれますが、ウレタンフォームの場合には、寝汗や熱は簡単に通り抜けてはくれません。

湿気がたまりやすくなっていたら、寝心地が悪くなってしまうので、梅雨の時期や夏場の季節には注意したほうが良いです。

湿気対策

モットン マットレスは、ある程度まで通気性は優れていますが、網目状の中材を利用している寝具よりは、通気性は優れていないので『湿気対策』を講じる事が重要です。

マットレスで湿気対策を講じる場合には、立てかけて湿気を取る事になりますが、モットン マットレスの場合には、その他にも押入れに収納する方法もあります。

実は、本製品は折りたたんで、バンドで固定する事ができるので押入れに収納する事ができます。

そのため、洋室で利用する事もできれば、和室で利用する事もできるのです。

モットン マットレスは臭い

モットン マットレスを利用している方たちの中には「匂いが臭い」という口コミもあります。

臭い匂いがしたら、寝付きが悪くなってしまうので、その理由や対策法を紹介するので参考にしてみて下さい。

ウレタン素材

臭い匂いがしてしまうのは、モットン マットレスが『ウレタン』を採用している事が関係している可能性が高いです。

なぜなら、ウレタンは特殊な匂いがするので、この素材を採用しているマットレスの多くは、臭く感じてしまうケースが多いのです。

実際に、臭い匂いがしたら、寝付きが悪くなるだけではなく睡眠の質が低下してしまって、睡眠不足に陥ってしまう可能性が高くなります。

そのような事になれば、睡眠不足に陥ってしまうので、ウレタンの匂いが苦手な方は注意しなければいけません。

臭いを緩和する方法

ウレタンの匂いが苦手な場合には、モットン マットレスを部屋に設置した後に、部屋の窓を開けて換気するようにして下さい。

換気しておけば、時間が経過していくうちに匂いが緩和されていくので、利用しやすくなります。

防臭スプレーを利用する方法もありますが、スプレーの種類によっては、マットレスに悪い影響を与える場合もあるので、控えたほうが良いでしょう。

利用者たちの中には、他のマットレスを重ねて利用する事により、匂いを緩和させた方がいました。

そのあめ、寝具を多く持っている場合には、他のマットレスを重ねて利用してみる事を、おすすめします。

体が冷えてしまうケース

モットン マットレスは、ウレタンを採用していますが、それなりに通気性が優れているので、体を冷やしやすいという口コミもあります。

そこで、本製品を利用する事による影響や、冷やさないための方法などを解説しましょう。

腰痛になる原因

通気性が優れているという事は、熱が放出しやすいので、体温の熱が逃げやすくなっている事を意味します。

そのため、寒い冬場の季節に、モットン マットレスを利用していたら、腰を冷やしてしまって『腰痛』になる可能性があるのです。

なぜなら、腰を冷やしてしまえば、腰付近の血管が収縮してしまって、体内で疲労物質がたまってしまうからです。

疲労物質がたまっていけば、利用していくうちに腰痛になるので、冷え性に悩まされている方は特に気を付けて下さい。

2つのマットレスを併用

モットン マットレスは、ある程度まで通気性が優れていますが、他の寝具の上に重ねて利用する事ができるので通気性が悪い寝具の上に重ねて利用する事により、ある程度まで通気性をコントロールする事ができます。

悪くすると聞いたら、あまり良いイメージを抱かないかもしれませんが、通気性が悪くなるという事は『保温性』がアップする事を意味します。

そのため、寒い冬場の季節になったら腰を痛めやすい方は、通気性の悪い寝具を併用してみたほうが良いでしょう。

モットン マットレスはお買い得な商品

モットン マットレスは、魅力的なポイントもあれば注意すべきポイントもあるので、購入するべきか悩んでしまったかもしれません。

しかし、利用者たちの間では、お買い得なマットレスという口コミがあるので、その理由を解説しましょう。

返品可能

多くの利用者が満足しているポイントとして『返品可能』なサービスをあげている方がいました。

実際に、モットン マットレスは、商品が到着してから2週間以内に公式サイトの『返品フォーム』から返金依頼をしたら、必要一式(本体・カバー・保証書)などを送れば商品代金を返金してくれるのです。

ただし、利用者たちの中には、公式サイトで注文しなければ、返品できないという口コミもあったので、可能であれば公式サイトから注文したほうが良いでしょう。

コストパフォーマンス

モットン マットレスは、通気性や利便性が優れている寝具なので、値段が高くなっているのか心配してしまった方は多いかもしれません。

ところが、公式サイトでは、低価格で販売されていて、シングルサイズは税込価格39,800円・セミダブルサイズ49,800円・ダブルサイズ59,800円になっているのです(2019年5月8日時点の情報なので注意)。

ただし、利用者たちの中には、公式サイトではない所から注文しようとしたら、値段が高くなっていたという口コミもあったので気を付けて下さい。

腰にかかる負担を軽減

モットン マットレスは、3種類の硬さが用意されていて、100N・140N・170Nなどがあります。

これだけ多くの硬さが用意されているので、自分の体に合う硬さのマットレスを見つけられる可能性は高いです。

実際に、利用者たちの中には、寝心地がよくなっている所を気に入っている方もいました。

これは、多くの硬さを用意していなければ、難しい所なので、硬さに注目している方でもモットン マットレスを検討してみる価値があります。

まとめ

モットン マットレスは、ウレタンを採用していますが、通気性が優れているので、満足している方もいました。

しかし、通気性が優れているという事は、保温性が優れていないので、冬場の季節には注意しなければいけません。

モットン マットレスは、他の寝具に重ねて利用する事ができるので、ある程度まで保温性をアップさせる事はできます。

ただし、柔らかい寝具の上に重ねたら、安定感が悪くなるので気を付けて下さい。

参考URL・参考文献・根拠など

https://motton-japan.com/lp/mat/af/…
http://www.iine-no-singu.com/motton
http://kawamura-band.daa.jp/
http://mottonreview.webcrow.jp/
http://mottonreview.webcrow.jp/#rak…
http://腰痛マットレスガイ…