歴史を塗り替えた兵器 ロングボウ 英国長弓兵とアジンコートの戦い

世界の歴史
歴史を塗り替えた兵器 ロングボウ 英国長弓兵とアジンコートの戦い

ロングボウ(英語: Longbow)は主にグレートブリテン島のウェールズおよびイングランドで使用された弓の事。長弓の一種で狩猟、戦争などに用いられ、名前のとおり長さが4-6フィート(120-180cm)程もある長大なものである。英語表記のLongbowは日本語で長弓と和訳されているが、本来は縦(Long)にして使う弓という意味である(これは、イギリスでも誤解されている)。また、和弓を含めた長尺の弓全般を指す『長弓』の意味も持つが、本項ではWelsh longbowまたはEnglish longbow、則ちウェールズ地方およびイングランド地方で使用されたロングボウの事に関して扱う。

中世、13世紀末から14世紀にかけてロングボウはその絶頂期を迎えたが、銃火器の普及により廃れる事となった。弓の長さに特に指針と言うものは無いが、ヨーロッパ大陸においては大凡長さ4フィート(120cm)以上のものがロングボウと呼ばれる。

その材質はイチイ及びニレの木が主で、単一の素材で作られており、その点、中央ユーラシアの遊牧民で使用された動物素材と木素材を張り合わせた短弓や、平安時代中期の10世紀以降に木・竹の複合素材になっていった和弓とは異なっている。

出典:ウィキペディア