自分のことがもっとよく分かる!9つの心理学

心理学
自分のことがもっとよく分かる!9つの心理学

人々についてもっとよく知るには。なにげなく毎日行っていること。でもなんでそんなことしたの?って聞かれるとよく分かりませんよね。科学者たちがこれらの行動についてどのように考えているか見ていきましょう!すべての行動は説明がつくんです。私たちの人間行動というものが明らかに…。

タイムスタンプ:

1.初めての目的地へ向かうとき、つい無言になる 0:43
2.話すときにジェスチャーをする 1:36
3.ほとんど空っぽの駐車場でも、つい別の車の隣に駐車してしまう 2:36
4.男性は隣同士の小便器を避ける 4:21
5.料理の最後の一つを取らない 5:30
6.男は他人に道を聞かない 6:22
7.他人のためにドアを持ってあげる 7:28
8.一番高い商品と一番安い商品は避ける 8:21
9.興味がある相手にはつま先を向ける 9:36

音楽:

Path to Follow . Jingle Punks
Sabor Moreno . Quincas Moreira
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

話すときにジェスチャーをする

話している時に手持ち無沙汰だと、身振り手振りを始めることがありますね。
コーネル大学のアンドリュー・バス教授は、私たちが会話の最中にジェスチャーを行おうとする本能は進化の結果であるという結論を出しました。研究者たちは脳のニューロンがジェスチャーや会話をどのように司どるのかということを発見し、鳥や哺乳類、人間が使用する社会的なサインが魚由来の後脳から発生しているということを突き止めました。ですから、会話の最中にジェスチャーをするという行為は進化の歴史によってもたらされたものなんです。

ほとんど空っぽの駐車場でも、つい別の車の隣に駐車してしまう

これは人間が社会的な動物であることからきています。人は起きている間の70%〜80%をコミュニケーションに費やします。ですから私たちは人ごみの後をついて歩き、空っぽの駐車場で他の車の隣に駐車してしまうんです。

男は他人に道を聞かない

トレックエースが行ったアンケートでは、道に迷った時に見知らぬ人に道を聞くという男性は、1000人のうちたったの6%だったという結果が出ました。医学博士のマーク・グールストンはこの理由を説明することに試みました。彼は自身の意見で、男性が道をあえて聞かないその理由は、自分が無能だと思われたくない、弱いと思われたくない、バカにされたくないからだとしています。人に助けを求めるということは、自分が失敗を犯したことを認めることになりますからね。男のプライドが邪魔しているんです。

一番高い商品と一番安い商品は避ける

お金はできるだけ理性的に使おうと私たちは考えますよね。ですから、値段と品質がしっかりしているものを買いたいと思うもの。なので、私たちは一番高い商品と一番安い商品は買わないようにしているんです。私たちがそうやって賢く買い物をしている一方で、売る側もこの心理をよく理解しているということは知っておきましょう。顧客の満足度を専門とする心理学者リラズ・マルガリット博士は、消費者がこういった感情や直感によって選択をするということに基づいて使うことができる様々なトリックが存在するとしています。例えば似たような商品を売るときに、販売者は一番高い商品を、少し安い商品の隣に置くなど。

概要:

– 聴覚に集中してしまうと脳が得る視覚情報に注意が向かなくなります
– ジェスチャーは進化の過程で生まれた本能
– 社会的な動物として人間は一度誰かが試したものに対して安心感を得ます
– 脳の特殊な構造がパーソナルスペースを定義します。多くの人は人目のあるところで用を足したいとはおみません
– 多くの人が料理の最後の一つを取ろうとはしません。これは権利がないと感じるから
– 男性は道に迷ってもプライドが邪魔して道を聞こうとしません
– 他人のためにドアを持つという行為は集団の消費する労力をセーブするため
– お金を理性的に使おうとする心理によって、品質と価格が一致するものを買おうとします
– 恋人の体はあなたを向いているけれどつま先があなたの方を向いていないという場合、会話に興味を持ってもらえていないということになります

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

畑耕平 さくらい声優事務所