シンプルだけど効果的な19の心理トリック

心理学
シンプルだけど効果的な19の心理トリック

他人の行動や思考を誘導し自分の望む結果を得ることは可能なのでしょうか?
仕事に役立つ神経言語プログラミングや心理学に関する興味深い本はたくさんあります。しかし複雑な知識を必要とせず、はるかに単純な方法で誰にでも効果的に心理誘導ができる19の方法があります!

心理学は決して疎かにすべきでない、れっきととした学問です。マーケティングの専門家や起業家、果ては詐欺師までその有用性を認めているのです。今回ブライトサイドではみなさんが日常で使うことができる簡単で、それでいて望む結果を効果的に得られる心理トリックをご紹介します。どうぞお楽しみください。

タイムスタンプ:
#1 0:40
#2 1:17
#3 1:41
#4 1:46
#5 2:31
#6 2:49
#7 3:17
#8 3:47
#9 4:04
#10 4:23
#11 4:55
#12 5:29
#13 6:10
#14 6:54
#15 7:34
#16 7:52
#17 8:11
#18 8:38
#19 9:10

#心理的トリック #心理的ヒント

概要:
-何かお願いする時に「できますか…?」なんて話し方はNGです。こう聞かれた人は、無意識にこの質問は理論上の質問だと見なしてしまいます。

-会話の最中額の真ん中を見て話すことは、相手にとってのストレスになります。

-話し相手が質問の答えをはぐらかそうとしていたら、相手の目を見ながら会話を一旦止めてみてください。

-相手からの賛成や同意を得たい時は、質問をする時に微妙に頷きつつ、お願いしてみてください。この心理トリックはとても効果的で、レストランのウェイターが客に料理をもっと注文してもらうためによく使われます。

-誰か仕事にとても集中している人がいたとします。例えば真剣に電話で話している最中だとしましょう。その人が持っているものが何であれ、あなたが手を伸ばせば、それを取ることができるでしょう。

-人に何かお願いをする時は、「まぁ難しいとは思うけど」というニュアンスを含んで話してみましょう。大抵の人は自分の能力を疑われていると感じた時、それを間違いだと証明するために精一杯努力する傾向にあります。

-相手と交渉しなければいけない時に役立つトリックです。相手からのオファーに概ね好意的に感じながらも、さらに良い条件を得たいと思うなら、少し失望したようなフリをしましょう。

-朝目覚まし時計を止めたら、まずは頑張って上体を起こし、両手を握りこぶしにしてください。そしてゴールを決めたサッカー選手みたいに拳を振り上げ「うおおおお!」と叫びましょう。いえいえ冗談じゃありません。そうすることで眠気を吹き飛ばし、ベッドから脱出しやすくなります。

-やたらと議論だったり騒ぎに巻き込もうとする人っていますよね。そんな人には、優しい言葉をかけてあげましょう。昔ながらのやり方ですが、彼らを親切で圧倒することによって、彼らに歯止めをかけることができます。

-あなたのプロジェクトチームに足を引っ張る人がいて、作業プロセスに遅れが出ていたりしませんか?それは「これをやって」と指示を与えているからです。「まずはこれから始めて」という言い方に変えてみてください。。

-地下鉄に乗っている最中じっと誰かに見られてるなんてことありますか?(モテモテですね!え、きもいだけ?)そんな時は相手の靴を見つめてみましょう。恥ずかしがらずにそのまま見つめて!相手は居心地の悪さから目をそらします!

-誰かが何か失敗してしまった時、責めるようなことをしても状況を悪化させるだけですよね。そんな時は言い方を少し変えてみましょう。

-もし夜あまり良く寝られなかったのなら、自分自身に「良く寝た」と言い聞かせてみましょう。これだけ聞くと馬鹿みたいに聞こえるでしょうが、本気で言ってみると100%効果がある方法なんです。

-1日の始まりと終わりに何があったかは、よく思い出せますよね。一方、その間に起こった出来事に関しては、ぼんやりとしたものになります。が…

音楽:
エピデミック・サウンド社提供 https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所